会社の想い

中部興産の仕事はなにか。これから皆さんに何をして欲しいか。ぜひご覧ください。

代表メッセージ

入社する学生に期待すること

わたしは中部興産で一緒に働く社員には、素直に“感じる能力”を磨いてほしいと思っています。誰かに聞いた話やどこかの本で読んだ話ではなく、自分の目で見て自分の耳で聞いて自分の体で触れて、自分が主体として感じられる能力。それが“感じる能力”です。この能力を磨くことによって、仕事の本当の目的は何なのか、この作業は何のためにやるのかを洞察、追求、判断できるようになるのです。

やはり何事も自分が主体性をもって素直に感じて、常に目的を考えながら目の前の仕事をやりきることが大切なのではないでしょうか。

これから入社する皆さんには、立場とか組織とかは関係なくみんなを引っ張ってくれる人、将来的に会社の中心になってくれるような人材に育ってほしいですね。

そのために、まずは物流という仕事の基本を身に付けてもらいたいのと、その基本を身に付けることによって物流という仕事自体に愛着を持ってもらえたらと考えています。さらに言えば、その基本を探し出して日々深めていく意識を持って、仕事に向き合ってもらいたいですね。

これから入社する若い人たちには、現場で仕事を学んでもらいながら、中部興産の強みである何があっても決められた時刻までに仕事をやりきる“現場力”を磨いてもらいたいです。

中部興産のこだわり

自分たちで考え、自分たちで作り上げた独自のしくみ

  1. ゼロから作り上げています。新センターの構想、建物の設計、センターレイアウト設計、設備設計、コンピューターシステムの設計すべてを独自でゼロから作り上げています。
  2. わかりやすさを追求してます弊社のコンピューターシステムは初めての人手も簡単に習得できるようになっています。

技術力とマネージメント力にこだわった人材育成

  1. 高い物流品質を目指すシステム改善や作業手順の確認など作業改善を行い高い物流品質を目指します。
  2. 高い生産性を目指す現場作業の進捗状況がリアルタイムに確認できるので、人員コントロールが素早く対応できます。

中部興産の企業風土

  1. 作業改善、問題解決に対する提案が取り入れられる環境があります。
  2. やり遂げる現場力が中部興産の企業風土です。